河津フラワートライアスロンへ出場!移動やホテルなどのオススメまとめ

The following two tabs change content below.
ショー

ショー

トライアスロンを始めて約1年でスイム3.8km、バイク180km、ラン42.195kmのロングレースを完走しました。 ネットには情報が少ないトライアスロンやトレーニングの詳細・経験やおすすめアイテムをお伝えしています。

【静岡で開催される河津フラワートライアスロンの距離やコース、ポイントのまとめ】 でも紹介した河津フラワートライアスロンの移動や宿泊について、実際に行った時の経験を含めて紹介致します!

1.会場までの移動手段は?

河津フラワートライアスロンのメイン会場となる河津桜観光交流館や河津浜海水浴場はこの写真の場所になります。

この場所へ、トライアスロンの荷物を持って向かう主な方法としては、電車で最寄駅に行くか、車で移動するという方法になると思います。

というわけでここではそれぞれの方法について具体的に紹介させて頂きます。

1-1.電車で河津駅へ!

河津駅へは、伊豆急行線を利用して向かいます。

熱海駅からは乗り換え無しで約1時間15分で、東京からは2時間弱で到着することが出来るのでアクセス良く向かうことができるのではないかと思います。

自転車などの荷物は事前に宅配便で送っておくことがベストですが、輪行袋に入れて電車に持ち込んで運搬をすることも出来ます。

大荷物での電車の乗り換えなどは大変かと思いますが、以前出場した私の友人も電車で移動していましたし、便利な手段だと思います。

1-2.車で移動!

やはり、個人的にオススメしたいのはこの方法です。

東京駅からだと約3時間で行けますし、熱海駅からですと1時間30分で到着できます。

会場までの荷物の運搬はもちろんですし、宿泊施設への移動などさまざまなことを考えるとやはり車で移動することが最も最適なのではないかと思います。

東京都内はもちろんですし、熱海駅でもレンタカーを借りることができます。

私がいつもレンタカーを借りる時に利用している便利なサイトです。さまざまな条件で調べられますので、オススメです!
レンタカーの検索はこちら

2.宿泊場所の選び方は?

レース当日朝の移動やレース後にゆっくりしたいことも考えると、できる限り会場の近くに宿泊したいですよね。アクセスなども含めてオススメのホテルをいくつか紹介します。

2-1.10,000円前後のオススメホテル

2-1-1.サニーハウス All the way

こちらは仲間の応援に行った際に私も宿泊したホテルなのですが、ぜひともオススメしたいホテルでした。

お部屋はもちろん清潔で良かったですし、お風呂も露天になっていて夜空を見ながら入ることが出来て気持ち良かったです!これは、レース後に入っても気持ち良いだろーなと思いました。

そして何よりも良かったことが、まず食事でした!全ての品が絶妙な味付けで美味しいのです。私も仲間もこれには本当に感動しました。

次にスタッフのみなさんの対応も最高でした。駅からの送迎はもちろんして頂けますし、トライアスロンに出場する仲間たちに声をかけてくれ、レース前からリラックスして過ごすことができました。

こちらのホテルはまたぜひ泊まりたいと思う、なかなかないホテルでしたのでみなさんにもオススメします。

このホテルの料金・空室を調べる

2-1-2.湯治の宿 2号館

価格を優先させるならこの宿がオススメです。

しかし、価格を優先させるからと言っても客室は当然キレイですし何の不便もなく過ごすことが出来ます。

またこのホテルは入浴施設の岩盤浴に似ている入浴スタイルである薬石浴というものが有名で、レース後に入浴して疲れを取ってくれるのではないかと思います。(レース前日はオススメしません。)

このホテルの料金・空室を調べる

2-2.ゆっくり疲れを取りたい!高級ホテル

2-2-1.海遊亭

スイム会場となる河津浜海水浴場の目の前(本当に目の前です!)という立地、オーシャンフロントの客室、広々として景色の良い露天風呂、伊豆海の幸を使った料理、などなどと、どの部分を取っても文句無しのホテルになります。

私も、自分が出場するのであればなんとかしてこのホテルに宿泊したいなと思います!


このホテルの料金・空室を調べる

2-2-2.河津海苑

会場からあえて、少し距離を取ってということであればこちらがオススメです。

海遊亭さん同様、すべての項目においてトップクラス!レース前後も最高の満足感で滞在することが出来るのではないでしょうか?

こちらは、総客室数が7室ということで落ち着いてゆったり過ごすことが出来ますので、その辺りを気にされる方にもベストな選択になると思います。


このホテルの料金・空室を調べる

2-2-3.伊豆今井浜東急ホテル

河津駅から1駅離れた場所(十分に近いです)になるのですが、お子さんを連れて出場される方などにオススメのホテルです。

部屋の綺麗さ、食事、入浴施設などはこちらも大満足して過ごせると思います。そして、それに加えて子ども用の施設や対応も近隣の他のホテルに比べてしっかりしているという印象がありました。

リゾートホテルとしてレース前後の体を休めるのに、最適ですのでオススメします。


このホテルの料金・空室を調べる

3.河津フラワートライアスロンに出場しよう!

今回は、大会に向けての準備的な部分の紹介をさせて頂きました。

河津町は温泉地の一部でもあるということで、ここで紹介したもの以外にも日帰り温泉なども充実しております。

さらに、私の印象ですとこの辺りは食事もとても美味しい!

河津町とその周辺は、レースだけでなく楽しめる場所もいくつもあったりするのでその魅力も存分に楽しんでから帰って欲しいなと思います。

年内最後を締めくくる大会、ぜひみなさんが出場されることを期待して、その際の参考にして頂ければと思います!