トライアスロンのバイク、装備やビンディングについて初心者がまず知っておくべきこと!

The following two tabs change content below.
ショー

ショー

トライアスロンを始めて約1年でスイム3.8km、バイク180km、ラン42.195kmのロングレースを完走しました。 ネットには情報が少ないトライアスロンやトレーニングの詳細・経験やおすすめアイテムをお伝えしています。

トライアスロンの中で最も長い時間をかけて行う種目であるバイク。スイムとランと違い唯一、道具を使って前に進む力を得る種目です。だからこそ、いろいろな疑問があるのでは無いかと思います。それらに対して、初めてトライアスロンに挑戦する方が疑問に思うであろう内容をお伝えしていきます!

1.トライアスロンのバイクについて知ろう

バイクは、道具を使うからこその気をつけることや準備があります。大会当日、いきなりそれらに直面したなんて悲しいことにならないように、出来る限りレースを想定して事前の準備をしておきましょう。では、まずは基本的なところからお伝えしていきます!

1-1.ロードバイクを使用しなければならないの?

まず、トライアスロンで使用する自転車ってどんなものなのでしょうか?ルールとして明確に定められている訳では無いのですが、一般的にはみなさん”ロードバイク”と言われるものを使用されています。

ロードレース(有名なロードレースはツール・ド・フランス などがあります)に使用されているもので、スピードを競うレースのために考え尽くされている自転車です!当然、長距離を乗ることも前提としているので、様々な工夫も盛り込まれていますよ。

やはりトライアスロン全体の中で一番長い時間をかける種目でもあることから、できる限り効率のよい方法でランに疲れを残さないようにしたいと考えると、まずはロードバイクがベストですね!!

その他にも、トライアスロンのレースを前提に作られたTTバイクというものもあったりするのですが、そちらは改めてご紹介します!

1-2.ビンディングって?

このロードバイクを始めて使用するときに、まずみなさんが戸惑うのがビンディングペダルです。

どういうものなのかざっくり説明しますと、バイクに乗るときにペダルとシューズをカチッと固定させて、より効率良くペダリング(バイクを漕ぐこと)しよう!というものです。

大きなメリットとしては、格段にペダリングの効率が上がります。トライアスロンのように40km以上も乗っている場合、その疲労度の違いは明確で、その後のランの結果にも大きな影響を与えてきます。ビンディングを使用することで、引き足が使える(踏み込むだけでなく脚を上げるときにも力を使える)、固定されているから安定してペダリング出来るなど、メリットは本当にたくさんあります。

逆に、デメリットとしてはビンディングに慣れるまではペダルとシューズとの付け外しが上手くいかず、自転車に乗ったままこけてしまうこともごく稀にあります。これは、事実です。。。そして、シューズの裏にクリートと言われる出っ張りが付いているため、歩きにくい!です。

ただし、これらのデメリットは事前に練習を重ねて慣れておけば十分に克服することが出来ます。そして、克服さえしてしまえば、競技においてそれ以上のメリットを得ることが出来ますので、ぜひ練習してビンディングで大会に出られるようにしておくことをオススメします!

1-3.自転車に乗ったまま補給するの?

ロードバイクでは、基本的にバイクに乗ったまま水分やエネルギーの補給を行います。水分は、バイクフレームに取付けたボトルケージに置いてあるボトルをバイクに乗りながら取って摂取します。

そして、エネルギー補給用の補給食(ジェルやグミなどいろいろなものがあります。これも、また別の記事で紹介します)もバイクに乗りながらその封を開けて摂取します。トライアスロンやランニング用のものであればパッケージも食べやすいように工夫がされていますので、その動作も練習すれば問題なく食べられると思います。

ただ、オリンピックディスタンスであればトランジションのときに摂取してバイクの競技中は摂取しないということもありだと思いますので、バイクに乗りながらの摂取に不安が残る方は、ご自身で作戦を立てて頂ければと思います。
(※食べた後のゴミは絶対に道に捨てずに持って帰ってくださいね!レースをしていても、補給食のゴミが道に落ちているのを見ると悲しくなります。)

2.トライアスロンのバイクを楽しもう!


僕がバイクの最も良いところだと思っているのは、参加した大会地域の景色を楽しめることです!最も長い時間をかけて、距離も多く走るのでその景色の移り変わりを楽しむことが出来ます。写真のようにレース中、誰かと喋りながらということはありませんが。

そして、各大会もそういったことも出来る限り考慮してコース設定をしてくれているので、僕は始めての大会だとそれも毎回の楽しみになっています。

苦しい時間が多い種目ではありますが、だからこそ瞬間瞬間の景色などの楽しみを存分に味わって、クリアしていって欲しいと思います。