初めてのトライアスロン練習はどんなことを行うの?基本的な部分についてまとめてみた!

The following two tabs change content below.
ショー

ショー

トライアスロンを始めて約1年でスイム3.8km、バイク180km、ラン42.195kmのロングレースを完走しました。 ネットには情報が少ないトライアスロンやトレーニングの詳細・経験やおすすめアイテムをお伝えしています。

トライアスロンを始めると決めてまず必要になってくるのが、日々の練習です。

トライアスロンは3種目もありますから、自分の得意不得意を加味しながらバランスよく練習する必要があります。

というわけで今回は、トライアスロンをスタートされた方々に向けて練習の場所や方法など、私の経験から紹介します!

1.トライアスロンの練習場所は?

それぞれの種目を、どこで練習するのか?始めのうちは、いろいろ迷うと思います。私がトライアスロンを始めた頃の練習について紹介します!

1-1.スイムは市民プール

やはりスイムは近くの市民プールに行き始めました。その中でも、自分が住んでいる地域の所に行くことをオススメします!

というのも、在住の方は割引があるという場合が多いです。市町村によりますが2時間で300円前後で利用できるところもあります!

1-2.バイクは郊外まで持って行ってから乗る

バイクに乗り慣れないうちは街中の、信号や車が多い場所を走ると危険です。それに、中々進めないのでストレスにもなります。

なので、私はいつもトレーニングコースとなる場所の近くまで車や電車で行ってから、バイクに乗っていました。その移動が難しいという方もいらっしゃると思うので、一概には言えませんがぜひそうして欲しいなと思います。

1-3.ランはいつもの道で

ランの練習場所はそんなに気にすることは無いのかな思っています。基本的には普段利用されている知っている道を走ることになると思います。

ただ、私はその中でも毎回違う道にして楽しんでいました。逆に、毎回同じルートを走ってその時のタイムを比較するという考え方も出来ると思います。

2.どんな内容の練習をやってるの?

詳しい内容などはそれぞれの種目で詳しく書こうと思っていますが、トライアスロンを始めた最初にどんなことをしていたか紹介します!

2-1.スイムはまず距離を伸ばす

スイムは、自分がノンストップで泳ぐことの出来る距離をどんどん伸ばして行くことを練習しました。
初めは100mも無理だったのですが、やはり回数を重ねるごとに少しずつ距離を伸ばしていくことができました。

その中で、プラスでオススメしたいのが街のスイミングスクールなどに体験で参加して泳ぎ方を教えてもらうことです。結構安い金額でクロールの基礎などを教えてもらえます。そうやってフォームを修正することも並行して行っていきました。

2-2.バイクは誰かと一緒に

初めてバイクに乗る時は、ロードバイクに既に乗ったことのある人と一緒に練習しましょう。トライアスロンはやっていなくても、ロードバイクには乗っているという人も結構います。みなさんの周りにも探してみると案外いると思います!

もしくは、トライアスロンスクールや自転車屋さんが開催している練習会などに参加するというのも良いと思います!

バイクだけは機械を使って行う競技なので、基本的な使い方などは最初の段階で直接教えてもらうことは必須だと思いますのでぜひ行ってください。

2-3.ランは身体の様子をしっかり見ながら

私も経験があるのですが、ランは身体(特に下半身)への負担がとても大きいです。
それまでしばらく運動をしていなかった身体でいきなり長い距離を連続で走ったりすると膝などを痛めてしまうことが大いにあります。

手軽に出来るランではありますが、だからこそ練習前後のストレッチを入念に行って、身体の状態をしっかり確認しながら練習するようにしましょう!回復させるために休むというのも大事なトレーニングですからね!

3.スポーツジムという選択肢

最後に、スポーツジムという選択肢も紹介しておきます。私も、最近入会しました。

というのもプール付きのスポーツジムであればスイムも出来るしトレッドミルでランも出来るし、そして基礎的なトレーニングももちろん出来ます。

費用対効果をしっかり考えてから行って欲しいですが、その分のメリットも大いにあると私は感じていますので、ぜひ検討してみても良いんじゃないかなと思います!