筋膜リリースのベストアイテム、トリガーポイントの効果と使い方。トライアスロンの疲労回復に!

The following two tabs change content below.
ショー

ショー

トライアスロンを始めて約1年でスイム3.8km、バイク180km、ラン42.195kmのロングレースを完走しました。 ネットには情報が少ないトライアスロンやトレーニングの詳細・経験やおすすめアイテムをお伝えしています。

【筋膜リリースはトライアスロンの疲労回復に抜群!実践した効果と口コミを紹介】の記事でも紹介しましたトリガーポイントについて、今回はさらに詳しく紹介させて頂きます。

最初に今回のオチを書かせて頂くと、このトリガーポイントはやはりオススメで、私の周りでも使用している方はたくさんいますし、トライアスロンの挑戦には必須なんじゃないか?と思うほどでした。

そんなトリガーポイントについて、私自身の体験談を踏まえながら紹介していきたいと思います!

1.トリガーポイントの製品紹介

まずは、このトリガーポイントの中でも代表的なフォームローラーという製品について簡単な紹介をさせて頂きます。詳しくは下記のホームページを見て頂ければと思います!

公式ホームページはこちら

トリガーポイントの製品は筋膜リリースをより効率的に行うためのものです。そして、そもそも筋膜リリースというものを簡単に説明すると、萎縮したり癒着したりしてしまっている筋膜を解きほぐし、て正常な状態にもどすことを言います。

写真を見てもらうと分かるかと思いますが、このフォームローラーには様々な形状の突起がついていて、「手のひら」や「指」でほぐす感覚などを再現しています。

そして、この突起と大きさと固さが絶妙なのです!このホームページに記載されている使用方法をしっかり意識してほぐしたい箇所をトリガーポイントに置くだけでめちゃくちゃ効いてきます!!(はじめは痛すぎて悶絶しました。笑)

また、トリガーポイントを使ったこの筋膜リリースは運動前の使用も後の使用もどちらも推奨されています。

このように、非常に気軽に、しかし確実に筋膜リリースを行うことが出来るアイテムであるトリガーポイントはオススメです!

2.使ってみた体験談!

そして実際に、このトリガーポイントを使用しての私の感想を紹介したいと思います。(あくまで、私個人の見解です!)

まずここから話さなければならないのですが、私はトライアスロンを始めてすぐのころに膝を痛めました。症状はランナーズニーというものでした。(これは、マラソンランナーの方などもとても多く発症してしまう症状のようです)

日によっては歩くだけでも痛くて、トレーニングなんて出来るはずもなく、しばらくはトレーニングの出来ないストレスの溜まる日々を過ごしていました。

その後も、安静にしていても整体に行っても一時的には良くなるのですがまたすぐに痛くなる。。。の繰り返しでした。

そんなときに、筋膜リリースを知ってこのトリガーポイントを使い始めて毎日しっかりとランナーズニーの治療のために解さねければならない臀部の筋膜をほぐし続けました。

すると、それを毎日続けたある時から徐々に症状が緩和されていき、また走れるようになったのです!

これは、筋膜リリースすべき箇所を家で的確に毎日行い続けることが出来たからに他ならないと思っています。
(他にも靴を変えたり走り方を修正したりもしましたが、筋膜リリースによる効果が一番大きいと思います。)

そんなこんなで、私のトライアスロン人生を救ってくれたトリガーポイントはまだまだ愛用しており私の下半身の疲労回復にいつも重宝させて頂いています!

3.家族にも好評だった!

そんなトリガーポイントは自分の怪我の治療目的に買ったのですが、意外なところでも役に立っています。

というのも、家族からの評判がとても良いのです。

家に置いてあったトリガーポイントを妻がふくらはぎの筋膜リリースに使ってみて、その効果にびっくりしているのです。足の疲れが取れて、場合によってはむくみまで取れると!

おかげで家族もご機嫌で、トリガーポイントは思わぬメリットをもたらしてくれました。

4.最後に

このようにベタ褒めしてしまっているトリガーポイントですが、それでも絶対に過大表現は無いと言えるほどオススメしたいアイテムになります。

私のように怪我してからでなく、その前からしっかりケアをしておくことが重要ですから、みなさんの参考にぜひしてもらえたらと思います。

そんなトリガーポイントの購入はどこで買っても基本的には定価ですので(税込価格で見ると同じです)、楽天などの普段利用しているネットショップでの購入がポイントも貯まるしお得だと思います。

楽天での購入はこちら

そして改めて、トリガーポイントの公式ホームページも紹介しておきます。

公式ホームページはこちら